委託の方が効果的!?企業がおこなう誹謗中傷対策

自由な発言でも内容を吟味する

企業活動をしていると株主、債権者、社員とったステイクホルダーを呼ばれている人達以外にも、一般人からも注目されることがあります。企業活動としてまっとうにおこなっているにも関わらず、その行為に対して反対する意見も当然あります。そしてインターネットやSNSなどが普及した現在では、そのような意見が自由に掲載されること場面に出会うこともあります。言論の自由という法律のもと、そのような意見も受け入れられるべきですが許される限度もあります。

誹謗中傷で企業イメージがダウンすることもある

その発言が根拠のないもの、何も基づくものがないものであって、それによって企業業績やイメージにダメージがあるのであれば、企業としてもそのような発言は取り締まるべきものです。ただそのようなことを探すために、ネットサーフィンをして管理するには、社内の人員では少ないですし、そのために人員を割くには企業活動が非効率的になります。かたや企業の誹謗中傷対策をとらなければならないという使命もありますが、最近ではそれに特化した企業もあります。

誹謗中傷対策をとることでリスク管理

そのような企業に委託することで、ネット上で監視して、その企業に対するコメント等が載せられるサイトを探して、それが適切か否か判断して削除要請を運営サイトに依頼してくれます。面倒な手続きや監視業務を一定の金額にておこなってくれるために、誹謗中傷のリスクを排除することができます。そのようなリスクに対して支払う金額と、会社イメージがダウンするリスクを比較した場合には、企業に委託して監視してもらう方が相対的に安く済みます。

現在では、誹謗中傷対策に力を入れるか否かによって、今後の会社の命運を分けると言っても過言ではありません。