web制作において必要な要素は3つ『読者目線になることが重要』

利用者の年齢を考える

web制作する際、そのサイトを利用する人の年齢がいくつなのかを考える必要があります。年齢によってシンプルなサイトの方が良いのか、あるいは複雑であっても問題なく使えるのか、その基準を測ることができるので重要になります。webサイトの目的を考えることで、読ませたい、利用させたい人の年齢を考えることができます。誰もが利用できるサイトと考えてしまうと、ブレが生じてしまい、逆に誰も見に来ない、利用しないことになるので注意です。

あらゆる要素を使いこなせるのか

パソコンの利用が不慣れであれば、かっこいいサイトを作ったとしても満足されることはないでしょう。逆にパソコンを使うことに慣れていれば、複雑であればあるほど魅力を感じ、テクノロジーを感じることができます。だから、今度は年齢を定めて後、利用者がどれだけパソコンに慣れているのかを考える必要があります。それに合わせて技術力を組み込み、対象者に合わせるようにしましょう。また、高度な技術力なら何でも良いわけではないので注意です。

テーマがぶれないようにする

webサイトの利用者を確立することができれば、後は内容、つまりテーマを決定すれば良いです。このテーマに合わせて内容を考え、制作することが重要です。何でも良いから情報を盛り込むとしてしまうと、ブレが生じてしまい、非常に見づらい、分かりづらいサイトになってしまいます。だから、一つのテーマを決定したのなら、その関連テーマ以外は内容に盛り込まないようにしましょう。これによって、利用者と密に関わることができます。

web制作は基本的に誰でも出来ます。未経験で募集しているアルバイトなどもあるので一度やってみてください。