あなたは大丈夫?ネット上のプライバシーに警鐘!

ネット上には脅威がいっぱい!

パソコンやスマートフォンの普及により、現代は情報社会といえます。そこで問題になってくるのが、プライバシー問題です。SNSが大流行していますが、投稿した内容によって簡単に個人を特定することができることをご存知ですか?例えば、全体公開にしたままで出かけるたびに写真を投稿している・・・なんていう方は要注意です!今回は、ネット上で被害に遭わないために、気を付けておきたいプライバシー管理についてご説明します。

その投稿、ちょっと待って!きちんと確認を

SNSは誰でも簡単に相手を検索・友達になり繋がれることがメリットではありますが、一転して恐ろしいデメリットにもなり得ます。特に注意が必要なのは女性や子どもです。自宅の写真や職場近辺の情報を挙げてしまうと、簡単に居場所を特定されてしまう恐れがあります。こういったケースが多く存在していて、ストーカー被害にあってしまう事件が後を立ちません。SNSでは、まず全体公開をしている時には特定できる情報をアップしないようにすることが大切です。心配な場合には、友人のみの公開にしておくと安心でしょう。

自分の身を守るのは自分です

また、安易に顔写真を投稿するのは控えた方がいいでしょう。出会い系サイトに勝手に悪用されたりする可能性があります。パスワードは誰にも教えずに、他のサイトで使用しているものは避けるようにしましょう。パスワードの使いまわしはとても危険で、ひとつ解読されてしまうと全てが芋づる式に発覚してしまい、最悪クレジットカードの悪用被害などに繋がるケースがあります。いかがでしたか、誰でも簡単にネットに繋がる現代では、自分の身を守るのは自分だとしっかり認識し、プライバシー管理を行っていくことがトラブル回避のポイントです。

シュレッダーとは、紙を引き裂く機械のことです。重要機密の情報漏えいを防ぐために文字が読めないくらいに引き裂くことが目的です。